韓国へのIBX進出で、さらなるデジタル化を推進

2018年はアジア太平洋地域のエクイニクスにとって特別な年でした(参考:インターコネクションの未来はそこに(英文ブログ)。2019年はさらに、地域内に当社のビジョンを広め、深く根をはる年になります。シンガポールの第4 IBX®(International Business Exchange™)データセンター(SG4)の拡張計画の後にも、刺激的なニュースがいくつか続きます。エクイニクスは、まったく新しい市場となる「韓国」に参入します。2019年第3四半期、ソウルに新しいIBXデータセンターを開設する予定です。

アジアのデジタルハブ、シンガポールの成長戦略

シンガポールは、強力なガバナンス、高度に整備された物理面およびデジタル面でのインフラストラクチャー、徹底された能力主義という特徴に加え、戦略的ビジネスハブであることに誇りを持つ、きわめて個性的な国です。こうした強みは、この都市国家の経済成長が持続可能かつ拡大可能なものであることを強く示唆します。

ビジネスのグローバル展開を始める絶好の場所 – アジア太平洋地域

2002年のi-STTおよびPihana Pacificとの統合により、当社のサービス提供領域は香港、シンガポール、シドニー、東京にまで広がりました。現在、エクイニクスはオーストラリア、香港、およびシンガポール市場のリーダーであり、アジア太平洋地域で最大のコロケーションとインターコネクション(相互接続)のプロバイダーの1つです。当地域は長年にわたって景気拡大が継続しており、さらに大きな可能性を秘めています。当社はこの地域でのビジネス成長に大きな展望を持っています。

デジタル社会の実現に向けて – これまでの20年、そしてこれから エクイニクスCEOがグローバルなインターコネクションのビジョン実現を振り返る

今日、エクイニクスは創業20周年を迎えました。最初に出会ったその時より年月を経て、会社はいろいろな点で大きく変わりました。当初2拠点に過ぎなかったデータセンターは、今やその数は200拠点にまで拡大しました。一方、創業時のビジョンはしっかりと受け継がれ、今も私たち社員全員の原動力になっています。インターコネクション(相互接続)を必要とする企業にとって、その確保は死活的に重要でした。それは現在でも変わっておらず、むしろ前よりももっとその必要性は大きくなっているかもしれません。

GDPR(EU一般データ保護規則)における個人データに関する要件を満たすためのHSM as a Service活用術

連日、GDPR(EU一般データ保護規則)が話題になっていますが、5月25日施行のこの規則によって、EU市民は自身の個人データを厳重に管理できるようになり、EU全加盟国は一連の規則基準の適用を受けることになります。この規則の対象となるのは、EU内で事業を行う企業に加え、EUの市民や企業に対して商品・サービスを提供する企業も含まれます。

IoTにつながる準備はできていますか?

“つながる”とはどういうことでしょうか。スマートフォンを手にしていること?AR(拡張現実)ヘッドセットを装着していること?それとも、どこにいても無線センサーに囲まれているということ? 現代のビジネスにおいては、業界にかかわらず、競争に打ち勝つ為には相互接続を強化することが求められています。

GDPR(「一般データ保護規則」)施行に向けての準備について

新たに施行されるEUの革新的なデータプライバシーのルールを順守するにあたって、その必要な準備についてのご案内です。…

人々のインターコネクション(相互接続):企業のインターコネクションを促進

「インターコネクションの歴史」ブログシリーズではテクノロジーの変革に注目し、現在の「インターコネクション時代」に至るまでの各時代について説明しました。インターコネクション時代では、企業は相互接続され、新しい価値や機会を創りだすように連携し再構築される必要があります。…

10枚の写真で見るIBXデータセンターTY5

2016年3月1日、エクイニクスは東京で新しいIBXデータセンター(TY5)を開設しました。この最新鋭データセンターの一部をご紹介します。…

賞品が当たるチャンス

東京に新しく建設したデータセンターのオープニングを記念して、エクイニクスは豪華景品が当たるキャンペーンを実施します。…