韓国へのIBX進出で、さらなるデジタル化を推進

2018年はアジア太平洋地域のエクイニクスにとって特別な年でした(参考:インターコネクションの未来はそこに(英文ブログ)。2019年はさらに、地域内に当社のビジョンを広め、深く根をはる年になります。シンガポールの第4 IBX®(International Business Exchange™)データセンター(SG4)の拡張計画の後にも、刺激的なニュースがいくつか続きます。エクイニクスは、まったく新しい市場となる「韓国」に参入します。2019年第3四半期、ソウルに新しいIBXデータセンターを開設する予定です。

アジアのデジタルハブ、シンガポールの成長戦略

シンガポールは、強力なガバナンス、高度に整備された物理面およびデジタル面でのインフラストラクチャー、徹底された能力主義という特徴に加え、戦略的ビジネスハブであることに誇りを持つ、きわめて個性的な国です。こうした強みは、この都市国家の経済成長が持続可能かつ拡大可能なものであることを強く示唆します。

日本企業がGDPRについて考えるべきこと、そのためにエクイニクスがお手伝いできること

EUの規制が日本の企業にも影響がある?欧州の法律なのに、なぜ日本で話題になるのでしょうか。それは、この法律がさまざまな点において、非常に厳しいものとなっているからです。GDPRに則った対応をしなければ、事業そのものの継続できなくなるわけです。もうひとつ大きな事情としては、ビジネスにおけるデータの価値が非常に大きくなっている点です。

ビジネスのグローバル展開を始める絶好の場所 – アジア太平洋地域

2002年のi-STTおよびPihana Pacificとの統合により、当社のサービス提供領域は香港、シンガポール、シドニー、東京にまで広がりました。現在、エクイニクスはオーストラリア、香港、およびシンガポール市場のリーダーであり、アジア太平洋地域で最大のコロケーションとインターコネクション(相互接続)のプロバイダーの1つです。当地域は長年にわたって景気拡大が継続しており、さらに大きな可能性を秘めています。当社はこの地域でのビジネス成長に大きな展望を持っています。

2018年のIT業界:8つの予測

多くのテクノロジー企業が将来予測を行うなか、エクイニクスはネットワーク/クラウド事業者およびエンタープライズ企業のインターコネクション(相互接続)ポイントとしての役割に基づく独自の視点を持っています。エクイニクスは9,500社を超える顧客が事業成長のために、どのようにインターコネクション(相互接続)を活用し、どのようなデータセンターソリューションを求めているかを分析し、2018年のIT業界について、以下8つの予測を立てました。…

データのインターコネクション(相互接続):企業のインターコネクションを促進

これまでにない膨大な量のデータの洪水が企業に押し寄せ、その複雑性を増しています。…

拠点のインターコネクション(相互接続):企業のインターコネクションを促進

大都市や新たな経済の台頭に、世界中の企業がビジネスチャンスを見出そうとしています。しかし、物理的にオフィスや人をその拠点に配置できるかが問題となります。この決定には検討すべきポイントがいくつかあり、その中で最も重要なのがインターコネクションです。…

人々のインターコネクション(相互接続):企業のインターコネクションを促進

「インターコネクションの歴史」ブログシリーズではテクノロジーの変革に注目し、現在の「インターコネクション時代」に至るまでの各時代について説明しました。インターコネクション時代では、企業は相互接続され、新しい価値や機会を創りだすように連携し再構築される必要があります。…

「日本で成功を収める」とは?世界で最も顧客からの要求が高い市場の1つで、重要な存在となることの意味とは?

クラシック・ロックの世界では、ヒット曲が世に出てから30年経っても、ファンがコンサート会場を埋め尽くす国「日本」で成功することが、大変重要であると言われています。…

コロケーションの6つの重要点:エクイニクスの位置づけは?

先月、CenturyLinkの友人が、コロケーションプロバイダーを選択する際に考慮すべき6つの重要な点について話していたので、今回はその6つの重要点に照らし合わせながら、エクイニクスの位置づけを検証してみたいと思います。本格的な議論となるので、2部に分けました。以下はその第一部です。…