デジタルビジネスはエッジへ向かう

「グローバル インターコネクション インデックス(GXI)Vol. 3」により、企業が年間データ量の50%以上をエッジに移行させることが明らかに

Making It Connect (接続を確立させる) : 仮想ネットワーク機能と企業ネットワーク

仮想化が、従来のハードウェアとソフトウェアの間の境界線に変化をもたらしています。その結果として、ITインフラとサービスの設計、展開、管理方法の見直しが行われています。仮想化がネットワークにもたらす変化を検証するシリーズ「Making…

東京で11拠点目、日本最大規模のエクイニクスIBXデータセンターを7枚の写真でご紹介します

エクイニクスにとって日本は常にとても重要な市場です。2001年の市場参入以来、私たちはビジネスを拡大し、2015年のBit-isle社買収・統合の効果もあり、現在ではデータセンター業界を牽引する一社となることができました。現在、エクイニクスにとって日本はアジア太平洋地域における最も大きな市場のひとつです。私たちは日本におけるビジネスをこれからも成長させていきます。…

遅延を解決するための5つのステップ

エッジ接続による近接性が、企業に最大の投資効果をもたらす…

5Gとサービスデリバリの将来

ソフトウェア定義インターコネクション(相互接続)による5Gの進化…

ネットワーク技術者向け:クラウドへの仮想接続

クラウドへのSuperhighway(高速通信網)の展開…

人工知能への取組み

デジタルエッジで官庁と民間機関が提携…

Microsoft Azureへのワークロード移行5つの戦略

データセンター移行をプライベート相互接続で加速させる方法…

クラウドのインターコネクション(相互接続):企業の相互接続を促進

過去20年の革新的なテクノロジーに思いを巡らすと、クラウドコンピューティングこそが社会に最も大きな変革を起こしたのではないかと思います。Cisco社のクラウドインデックスによれば、2018年までに世界のクラウドトラフィックは年間6.5ゼタバイト(ZB)へと現在の約4倍近くに増加し、全データセンタートラフィック(8.6ZB)の4分の3以上を占めるようになると予測されています。…

人々のインターコネクション(相互接続):企業のインターコネクションを促進

「インターコネクションの歴史」ブログシリーズではテクノロジーの変革に注目し、現在の「インターコネクション時代」に至るまでの各時代について説明しました。インターコネクション時代では、企業は相互接続され、新しい価値や機会を創りだすように連携し再構築される必要があります。…