デジタルビジネスはエッジへ向かう

「グローバル インターコネクション インデックス(GXI)Vol. 3」により、企業が年間データ量の50%以上をエッジに移行させることが明らかに

韓国で初となるIBXデータセンター「SL1」 を写真で紹介します

今年1月、エクイニクスは世界で最も活気あるデジタル経済圏の1つである韓国市場への参入を発表しました。韓国において拡大するデータセンター需要に対応するため、本日、エクイニクスはソウルにおいて初となるInternational Business ExchangeTM(IBX®)データセンター「SL1」のサービスを開始したことをお知らせいたします。

イノベーションの国「日本」でインターコネクションを加速

世界第3位の経済規模を持つ日本は、イノベーションとテクノロジーの牽引役にあることで知られてきました。アジアから3都市のみがランクインした世界のイノベーション都市指数ランキング2において、東京はトップの評価を得ています。また、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催地でもあり、観光客及び大会関係者による過去最大規模のネットワーク接続需要が見込まれています。

韓国へのIBX進出で、さらなるデジタル化を推進

2018年はアジア太平洋地域のエクイニクスにとって特別な年でした(参考:インターコネクションの未来はそこに(英文ブログ)。2019年はさらに、地域内に当社のビジョンを広め、深く根をはる年になります。シンガポールの第4 IBX®(International Business Exchange™)データセンター(SG4)の拡張計画の後にも、刺激的なニュースがいくつか続きます。エクイニクスは、まったく新しい市場となる「韓国」に参入します。2019年第3四半期、ソウルに新しいIBXデータセンターを開設する予定です。

日本企業がGDPRについて考えるべきこと、そのためにエクイニクスがお手伝いできること

EUの規制が日本の企業にも影響がある?欧州の法律なのに、なぜ日本で話題になるのでしょうか。それは、この法律がさまざまな点において、非常に厳しいものとなっているからです。GDPRに則った対応をしなければ、事業そのものの継続できなくなるわけです。もうひとつ大きな事情としては、ビジネスにおけるデータの価値が非常に大きくなっている点です。

ビジネスのグローバル展開を始める絶好の場所 – アジア太平洋地域

2002年のi-STTおよびPihana Pacificとの統合により、当社のサービス提供領域は香港、シンガポール、シドニー、東京にまで広がりました。現在、エクイニクスはオーストラリア、香港、およびシンガポール市場のリーダーであり、アジア太平洋地域で最大のコロケーションとインターコネクション(相互接続)のプロバイダーの1つです。当地域は長年にわたって景気拡大が継続しており、さらに大きな可能性を秘めています。当社はこの地域でのビジネス成長に大きな展望を持っています。

IoTにつながる準備はできていますか?

“つながる”とはどういうことでしょうか。スマートフォンを手にしていること?AR(拡張現実)ヘッドセットを装着していること?それとも、どこにいても無線センサーに囲まれているということ? 現代のビジネスにおいては、業界にかかわらず、競争に打ち勝つ為には相互接続を強化することが求められています。

クラウドがメディア、エンターテインメントそして広告業界に与える衝撃

すでにポケモンGoのような予測困難な大流行が起こりえる今、MEA業界は、飛躍的に拡大するデータ量とデジタル・ディスラプションの嵐に直面し、戦略立案が非常に難しい状況に陥っています。 この3年間で、インターコネクション(相互接続)を活用するメディア企業の数は大幅に増加しました。世界に広がるデータセンターにおいて、多くのメディア企業がデジタル・パートナーと直接接続(クロスコネクト)を行い、世界規模でのパートナーシップを実現しています。