イノベーションの国「日本」でインターコネクションを加速

世界第3位の経済規模を持つ日本は、イノベーションとテクノロジーの牽引役にあることで知られてきました。アジアから3都市のみがランクインした世界のイノベーション都市指数ランキング2において、東京はトップの評価を得ています。また、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催地でもあり、観光客及び大会関係者による過去最大規模のネットワーク接続需要が見込まれています。

デジタル社会の実現に向けて – これまでの20年、そしてこれから エクイニクスCEOがグローバルなインターコネクションのビジョン実現を振り返る

今日、エクイニクスは創業20周年を迎えました。最初に出会ったその時より年月を経て、会社はいろいろな点で大きく変わりました。当初2拠点に過ぎなかったデータセンターは、今やその数は200拠点にまで拡大しました。一方、創業時のビジョンはしっかりと受け継がれ、今も私たち社員全員の原動力になっています。インターコネクション(相互接続)を必要とする企業にとって、その確保は死活的に重要でした。それは現在でも変わっておらず、むしろ前よりももっとその必要性は大きくなっているかもしれません。